shanti Life & Work

仕事と子育て、両方楽しむ方法について語るブログ

不妊治療クリニックの選び方!2(アクセスの良さ)

不妊検査や治療の病院選びの以下3つのポイントうち、今回は2のアクセスの良さについて取り上げます。

  1. 治療方針と治療実績
  2. アクセスの良さ
  3. 先生やスタッフとの相性

 

なぜアクセスの良さが重要か? 

不妊検査、そして治療を行うことになると、高頻度で指定された日時に病院を訪れる必要がでてくるため、病院の営業日時とアクセスの良さは非常に重要になってきます。仕事をしている場合は、基本的に出社前や退社後に病院にいく形が多くなるため、それ前提でなるべく業務への影響を小さくできるようなエリアで病院を選定することをおすすめします。 

Photo by Eutah Mizushima on Unsplash

営業日時について

就業時間前後は営業をしているか、確認をします。例えば9時から就業時間が開始するとしても、7時や8時台からあいている病院であれば、朝ちょっと病院によってから出社することが可能です。病院によっては夕方に訪問するよりも朝一のほうが混雑していなかったりする為、早朝の営業時間はぜひチェックをしておきたいポイントです。 

また、夜も何時まで営業しているかもとても重要で、この時間によって会社帰りに立ち寄れるかどうか、大きく左右されてしまいます。

私の場合は、朝9:30就業開始、夜18:00就業終了だった為、朝は8時には営業開始され、夜も18:30まで開いている病院を選びました。それでも夜の検査時間は、就業終了後に向かうと間に合わなかった為、上司と相談した上で、夜に通院する場合はその分朝に早く出社した上で、17:30には会社を退社させてもらう形で、時差出勤をすることで乗り越えました。

土日などの休みの日についても営業している病院をおすすめしますが、正直ものすごく混雑するため、土日の通院はおすすめできません。私も何度か土日、朝一で訪問しましたが、検査が終了するのはお昼前後になるのがほとんどのため、せっかくの休日も通院でつぶれることが多くありました。休日は身体と心を休める貴重な時間ですし、リラックスすることでストレスを解消できることもあるため、体調維持のためにもなるべく休日はゆっくりできるように平日通えるよう調整されることをおすすめします。

 病院までのアクセスについて

営業日時に加えて、実際のその病院がある場所についても選定時の重要なポイントになります。エリア選びでのポイントは以下の3点です。

POINT
  • 自宅から近い
  • 会社から近い
  • パートナーも通える
 
上記とは別に、なるべく評判が良い病院に行きたいという1点で、自宅や会社から離れている病院を選ぶ方も中にはいらっしゃいますが、その場合は半休をもらう前提になったり、業務への支障も大きくなることが前提になってしまいますので、まずは上記3つである程度エリアを絞った上で、その中で評判が良いといった情報を加味することをおすすめします。

我が家の場合は、自宅に近い場合、会社からだいぶ離れてしまうことから、病院の終了時間にはとうてい間に合わない状況から、自宅と会社のちょうど中間地点にある病院を選びました。ちょうど電車の乗り換えの駅だったこともあり、一度改札を出るついでに、その足で病院に寄ることで時間短縮にもなりました。

Photo by Brooke Cagle on Unsplash

また、3つ目のパートナーが通えるかという点も、家族間で話あっておきましょう。不妊検査や治療は、女性に限ったことではなく、男性にも発生する為、パートナーが通いやすいかどうかも重要な点になります。世の中の多くの人は、不妊の原因は女性だけにあるのでは?という印象をもたれていると思いますが、実態は半々の割合で男性にも原因があります。ですので、こういった場合も想定し、パートナーの状況もよくよく考慮した上で、選択する必要があります。

最後に

今回は、病院選びの重要なポイント、病院の営業日時やアクセスについてお伝えしてきました。実際何度も通った身としては、通いやすいところを選んでおいてよかったとつくづく実感していましたので、妥協せずに重要なポイントとして参考にされてください。

次の記事で残りのポイント「先生やスタッフとの相性」について書いていきます。引き続きご参考ください!