shanti Life & Work

仕事と子育て、両方楽しむ方法について語るブログ

妊活って何から手をつければいい?まずは不妊検査から。

不妊治療は、不妊検査から

妊活って何から手をつければいいの?と迷っている方がいたら、まずは不妊検査から取り組むことをおすすめします。

なぜなら、何か不妊の原因が明確にあった場合にどれだけ頑張っても、まずはその原因を治さないかぎりは、いつまで努力しても、妊娠につならないからです。また、この不妊検査が終わって初めて、治療を行うかを決めることになりますが、不妊検査すべてが完了するには足かけ2ヶ月程度かかるため、それだけ時間がかかることを理解した上で動くことが重要です。(病院には何度も通うことになりますし、仕事の都合でいけない時は、検査もどんどん遅れていくことも想定されます)

Photo by Zhen Hu on Unsplash

特に高齢の方になればなるほど時間が重要になってきます。治療を受ける受けないに関わらず、まずは検査だけでもしておく、そんなスタンスでのぞまれると時間が無駄になりません。

不妊検査は本当に必要?

とはいえ、不妊は病気ではないですし、わざわざお金と時間をかけて病院にいくのもな・・、と思われる方もいるかと思います。かくいう私も同じで、最初の半年は、なんだかんだ理由をつけて病院にいくのを見送っていました。ただ、いつまで経っても妊娠できず不安になった結果、とりあえず検査だけは受けておくべきたっだと後悔した記憶があります。検査期間中に妊娠したら、検査は終了すれば良いですし、検査を通じて何か外の病気も見つかることもあるので、無駄にはなりません。

不妊検査を行う前に知っておきたいこと

不妊検査は、検査をすれば必ず原因が明確になるわけではないことは、事前に理解しておく必要があります。

Photo by Camila Rubio Varón on Unsplash

私自身も、検査結果は何も問題がなく、原因もないのになぜ妊娠できないのか不安にもなりましたが、逆に、まずは体には問題がないことが分かって良かったと思うようになりました。体に問題がないとわかれば、対処自体も変わってきます。

最後に。妊活は時間との戦い

妊娠のチャンスが年に12回しか無い事を考えると、妊活は時間との戦いだと思います。なるべく遠回りせずに原因を探し対処していくことが何より大事です。原因があれば病院の力を借りながら改善を、また、原因が明確にならない場合も、ストレスをためないことだったり、妊娠しやすい体に改善していくアクションを積極的にとっていくことに注力していってくださいね。

©2019 shanti Life & Work